家庭の洗濯機で取りきれないシミはクリーニング店へ

家庭で取りきれないシミというのは、血液のシミや汗でできた黄ばみ、油シミ、ボールペンなどのインクシミがあります。
今回はこの中でも年中付きまとう汗でできた黄ばみの洗濯について説明したいと思います。
最初に自宅でできる洗濯方法をご紹介します。
中性の洗濯洗剤を黄ばんでいるところに直接たらして、ハブラシで優しくゆっくり擦って、40度のお湯に酸素系漂白剤を入れて、その中に洗濯物を入れて、30分つけて放置しておきます。
30分経ったら、洗濯物を取り出して、家にある洗濯機で水洗いをすれば、あっという間に黄ばみが取れます。
大体はこちらの方法で取れることが多いのですが、黄ばみがついてから長時間経っているものや洗濯しても黄ばみが取れないもの、自宅では水洗いできない素材のもの(ウール、リネン、カシミヤ、レーヨンなど)はクリーニング店に出して洗濯してもらうことをオススメします。
また、クリーニング店の中でも一般的なクリーニングだとシミ取りに力を入れていないところがあるので完全に取りきれない可能性があります。
なので、シミ取りに力を入れているクリーニング店に依頼するのがいいかもしれませんね。